79939916c9dbaf8fc1f9a432b3fcb0a2_s ストレスが少ない、そういう<住環境>、私の理想です。何よりも他人の目が苦手です。周囲から評価されたり、見下されるなど、意味がないストレスから逃げたくなる度に、現実的な引越しを実行したくなります。 <監視>という点をプラスの作用として、私の家を見守っていただいている。このように得しているのだと理解さえできていけば、マイナスな思考も停止し、自分の心も切り替わるような感じがします。 私が気にしすぎているほど、周囲はそこまで神経質に他者を評価しているはずがないのです。団地住まいなど、人が多いとそれなりに、また違った悩みが増えてくるのかなとも懸念します。

長距離 引越し 料金ってどれくらい必要?

今日をキッカケとして、改めて衣食住に関し真剣に向き合ってみたいのです。あんまり仲良しな兄弟が揃って隣り合って家を構えるのも簡単なことではないような気がしています。 今の自分は仕事と結婚。この2つが定まらない限り、良いスタート切れたとも言い切れないのです。今書いておきたいことは、悩みが多すぎるって言うことであり、引っ越すかどうかも重要です。 私の住所が変ってしまうとなると、住所変更を友人たちに手紙で郵送することが基本的なスタイルです。学生時代の友人たちは、たいていの場合、家族を持っています。私は例外のような生き方を実現化してしまいました。 職業柄、今後も転勤の可能性が高いため、今後ももう少し緻密な人生設計が必要となりそうな毎日(毎年)が続く予定なのです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする