引越をした後の慣例として、お隣さんに挨拶をする習慣があります。どのような人が引越して来たのか相手も気になるはずなので、顔を見せておくことは重要となってくるはずです。

近所で顔を合わせたときにも会釈程度はする必要があり、そのような付き合いが全く無いと、隣に誰か住んでるのか分からない状態になってしまいます。
マンションの廊下1
しかし、現在はマンションに住んでる人同士でも挨拶をしないという決まりがあるマンションなどもあったりして、隣に住んでる人との付き合いが希薄になってきています。

特に都会の賃貸アパートなどはこの流れが顕著であり、短期間で入居者がコロコロと変わるようなアパートは、隣に誰か住んでるのか知らないと言った人が多いのです。

そうなってくると、自分が引越をした引越し先でどのような対策をした方が良いのか分からなくなってしまいます。多くは、知り合いや親戚などにその地域の風習などをチェックしてみる事です。

お菓子などを包んで挨拶に行って嫌な顔されると、こちらも悪い気分になってしまうので、ネットなどでもどのような流れの方が安心して暮らしていけるのか情報を集めることが大事になってきます。

このような情報収集は引越し作業で忙しくなる前の段階でやっておくべきです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする